ブルーベリーはツツジ科(スノキ属)の果樹です。
花は可愛らしい房状の小花で、ピンクか白色です。
花が咲いてから2〜3か月後に果実が成熟します。
この果実は美しい青色(ブルー)をしており、これが「ブルーベリー」といわれるゆえんです。
日本では4月中旬頃から開花しはじめ、6月以上旬から9月中旬まで果実が収穫されます。
ブルーベリーには200種類以上の品種がありますが、大きく分類すると、次の3種に分けられます。

ラビットアイ系
皮の部分がウサギの目の様に赤くなった後、ムラサキ色へと変化していきます。
温暖な地域で栽培されています。


 
ハイブッシュ系
ブルーベリーの中では背の高くなる種類です、ブッシュ(やぶ)の名のように枝が多く生い茂ります。
カナダ・北米などの寒冷地でよく栽培されます。

ローブッシュ系
ひざ程の高さにしかならない、背の低い種類です。
野生種のブルーベリーとも言われます。
北欧、カナダ、北米に自生しているものが有名です。
 
ブルーベリーの有用成分は濃い青紫色のアントシアニジンという色素です。
ブドウやイチゴ、ナス、ムラサキイモ等の赤紫色をもつ野菜・果物もアントシアニジン色素を持っていますが、種類も量も異なります。
 
ビルベリーとは
「ひとみのラボ」錠剤の原料となるブルーベリーがビルベリーです。
学名 Vaccinium mirtillus  また、別名をホワートルベリーといいます。
ヨーロッパの野生種であり、主に北欧で収穫します。
 
通常のブルーベリーの実をナイフで切ってみると、中心部は白いのが普通ですが、ビルベリーは中心まで濃い青紫色となっています。
その分アントシアニジンの量は約2〜3倍と飛びぬけて多いのが特徴です。
 
ビルベりーは、北欧・主にスウェーデン、ノルウェー、フィンランドなど森林や草原に自生しており、果実の熟成する8月末に一斉に人手により収穫されます。
上部へ戻る